メインメニュー

ブログ・趣味

ウェブデザイン関連

インフォメーション

HOME >> リウマチのあゆみ >> 2年ぶりの胃カメラ

2年ぶりの胃カメラ

2007年9月半ば頃から、食欲が落ちる、食べられるけれど空腹感がない、時々胃もたれなどの 症状があり、メソトレキセート、モービックの影響もあるかもしれないので中止して経過を 見ることに。
2年、胃カメラを受けていない不安もあるため、別のクリニックを紹介してもらい、受診。
比較的スムーズで検査自体は、15分程度で終わったものの、胃にポリープが多数見つかった!
そして、何故だか分からないけれど、2年前の食道びらんは、おそらく胃からの炎症の影響だと のことで、食道、十二指腸は問題見られなかった^^;
検査後、30分ぐらいベッドで安静に過ごす間、色んな不安が浮かんで来たけれど、結果を聞かない ことには、始まらないのだから・・と気持ちを切り替えて、診察室へ。
結果は、今すぐ問題の無いポリープだけど、1年に1度は定期的に検査することを勧められた。
とりあえずは、一つは検査することで所見が分かり、ホッとしている、放置するより受けておいて やっぱり、良かったと思う。(2007/10/9UP)
貧血傾向がある原因としては、RA以外と仮定した場合、考えられるのは以下の三つ。
@子宮筋腫、これは去年(2006年)検査したが問題なし。
A胃の出血性を伴う病変、これも今回の検査で所見見られず
B大腸の所見、これは、次回大腸ファイバーを予約予定。
inserted by FC2 system